スポンサーサイト

  • 2020.04.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

#12 教義の果てに

  • 2008.02.02 Saturday
  • 23:32
「人呼んでグラハムスペシャル 」

(物語)
アザディスタンの話。保守派の代表マスード・ラフマディが誘拐される。
保守派は改革派の仕業と思いクーデター勃発。改革派はユニオンと協調して
沈静化を目指す。誘拐犯サーシェスはCBとユニオン、保守派の戦いの
ドサクサに太陽光アンテナを破壊。刹那はクーデター側MSを駆逐する。

(感想)
中東情勢の説明からアザディスタンはカスピ海とペルシャ湾に面して
いるのでかなり広大な国土を持ち、クルド人国家を併合していることから
現在のイラク北部とイランを含む大国と思われる。これは、20年にわたる
太陽光発電紛争により巨大化したものであろうが、何故に王制を復活させ
国王ではなく王女を戴いているのかは不明。しかも立憲君主制ぽいし・・・
国内でマリナは支持率低いのかポスター焼かれてます。当の本人には
あいかわらず女王の自覚に欠ける上、精神的に弱い部分が多いです。
故郷ということもあり刹那が偵察に出るが、民族差別に遭遇。
吸収された側のクルド族の刹那にはつらい展開です。で、今回では解決せず
次回に続く。

あっ、そうそう「グラハムスペシャル」って急速変形して空気圧で
急ブレーキかけて止まる事だよね?

スポンサーサイト

  • 2020.04.10 Friday
  • 23:32
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

I love TIBET

TIBET02                1995年カイラス行くのに世話になったチベタンを応援します。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

mind touch
mind touch (JUGEMレビュー »)
栗林みな実,畑亜貴,虹音,菊田大介,齋藤真也,飯塚昌明,宅見将典,黒須克彦

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM