スポンサーサイト

  • 2020.04.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

#10 ガンダム鹵獲作戦

  • 2007.12.18 Tuesday
  • 23:41
「ヴァーチェ、キャスト・オフ!」


(物語)
天敵ビーリスに捕らえられるキュリオス・アレルヤ。
アレルヤはハレルヤになって暴走、殺戮しまくり。一方のヴァーチェも
ピンチに耐えられず、とうとうキャストオフ、そして敵を瞬殺。
なんとか今回の危機は脱出。

(感想)
ハレルヤ最高!テロリストとしての地位確立。殺されたミン中尉は今後
ニコルへの道を歩むのか?ビーリス少尉はアレルヤの天敵、共鳴に苦しむ
アレルヤだがハレルヤになれば大丈夫。今回は突っ込みどころ満載ですが
CBの連中、泣き虫ばっかり。テロリストとしての覚悟が足りねえんじゃねえの。
あと、チョイキャラだと思ってたワン・リューミン。意外と鍵握るキャラ。


「漢の覚悟に水を差すな」by中佐

#09 大国の威信

  • 2007.12.18 Tuesday
  • 23:18
「ハロが、いっぱい」


(物語)
人革連の物量作戦開始。指揮官はセルゲイ中佐。CBの輸送艦トレニーはガンダムを
4機まとめてメンテナンス中に戦闘開始。マイスター以外は初めての実戦。
バッカプルはルイス・ママ登場で別れの危機。

(感想)
戦術予報士スメラギの予報は正確なのかどうかわからん。相手の動きを読んでいる
のに追い詰められるって、対策ナシってこと?それとも作戦立案は苦手なのか?
艦橋では、初陣にビビッて戦力にならないクルーもいるし、私設武装組織では
職業軍人には質量ともに劣るのか・・・

#08 無差別報復

  • 2007.12.18 Tuesday
  • 22:51
「エクシアでお見送り」

(物語)
テロ退治に利用されるCB。テロとの戦いは今も続いている。
警察に絡まれた刹那。助けてくれた要人にあっさりと正体をバラす。

(感想)
あっさりと敵国の王女に本名とCBであることを暴露す刹那。やっぱ、この前
銃殺されといたほうがCBにとってよかったんでねえの。大体、中東の王女が
あんな素肌を晒してうろついてる時点で、国民から評価されないって。
アラブ系の顔してないし、王族を名乗っているがどこの民族だ?
クルジス共和国ってモデルはクルジスタンだと思うが、2301年に滅亡したってことは
クルド人が、頑張って建国しても200年持たないってことか。
アザディスタン王国ってモデルはクウェートか?名前的にはシリアなんだが・・・
いずれにせよ、前出のスリランカとかIRAとか、中途半端に紛争地域がでてくるな。
そのうち朝鮮半島やチベットも出てくるか?

#07 報われぬ魂

  • 2007.12.18 Tuesday
  • 22:36
「テロのはテロで」

(物語)
昔の師匠?サーシェスとの対決に取り乱し、サーシェスに姿を見せる刹那。
作戦は何とか成功したものの、CBに対しての同時多発テロが発生。
巻き込まれるバカップル。

(感想)
姿を見せて敵にCBの情報をあたえるなんて、刹那は銃殺ものだ。
目には目を、歯には歯を、好!ハオ!

#06 セブンソード

  • 2007.12.18 Tuesday
  • 22:18
「なんじゃそりゃーーー!」

(物語)
南欧州に23世紀に独立したモラリアは軍事産業を基幹産業としていた。
CBはモラリアを戦争幇助国と認定。AEUとの軍事演習に介入する。
そこにはAEUのコーラサワーはともかく、刹那の因縁の相手なのか
PMCの傭兵サーシェス登場。

(感想)
スメラギさんが昔、なにかしらの大事件を起こしたことがあるらしい。
前回暴走のアレルヤも戦線復帰で、今回は特に見所なし。

#05 限界離脱領域

  • 2007.11.16 Friday
  • 23:54
「バカップルの宇宙旅行」

(物語)
ガンダムキュリオスのマイスターアレルヤとデザインベイビーソーマとの
共鳴によりソーマ暴走で事故発生。それに巻き込まれるバカップル。
地球に落とさないようにがんばるセルゲイ。アレルヤキュリオスも救助に参加。
地上からはガンダムデュナメス・ロックオンが援助狙撃で救助成功。

(感想)
デュナメスが軌道エレベーターを標的にして脅迫すれば、世界支配は簡単な
きがするが、そういうのは反則なのかねえ。しかし、アレルヤとソーマが
共鳴するとは・・・2人が直で遭遇するとアレアレアレ・・・・・・・・と
ソマソマソマソマ・・・・・・・・・・って、やんのかな。戦いになんねえ。
それと、スメラギ艦長の下半身が危険なんですけど・・・

はい、結構疲れてます。

#04 対外折衝

  • 2007.11.16 Friday
  • 23:31
「この一連の事件で一番得をしたのはどこかしら?」


(物語)
首都でテロされても取り乱さないアザディスタン王国のマリナ皇女。
ユニオンはグラハムがフラッグファイターを組織。人革連はセルゲイを
中心に対ガンダム部隊を編成。タリビアのユニオン脱退という「釣り」にも
誠意を持って対応のCB。そしてユニオンとタリビアの茶番が終了。

(感想)
今週は突っ込みどころ満載。
・超人機関ソーマ少尉の髪型はどうなってるの?強化人間なの?人革連が
非人道的な研究をしているところがミソだよね?
・人間って12Gに耐えれるの?教授やりすぎでないかい。
・マリナ皇女に政治力、交渉力があるようにみえないんですけど。
・エクシアが海底に隠してあることにはどこから突っ込んでいいのか
わからんぞ。刹那は毎回泳ぎで搭乗するのか?エクシアはサビないの?
整備はどうすんの?そもそも港湾施設内にあるのに見つからないのは何故?
っていうか港ってガンダムを隠せるほどの水深は無いと思うんですけど・・・

最後に、最初↑の答えがわからない私に、アザディスタンを救う資格なありません。
一応、私の答えは「アメリカ」です。

#03 変わる世界

  • 2007.11.16 Friday
  • 22:56
「俺に、触れるな!」

(物語)
冒頭で、ガンダムエクシアのビームサーベルのびびる乙女座の彼。
軌道エレベーターで貨物に紛れて宇宙に帰るガンダムヴァーチェと
ティエリア。南アで麻薬工場を焼き払うCB。セイロンに、またきた
エクシアは人革連のセルゲイ中佐にアイアンクロー。光粉撒き散らして
いるわりにはライバル候補との力差はない?北アイルランドの宗教紛争が
集結宣言。

(感想)
お隣さん(刹那)にちゃんと挨拶できるサジと、ルイスのバカップルは
今後どう絡むのか。今のところ、4機のガンダムは無敵状態なので、
あちこちの紛争に介入して一方的に鎮圧していくのでしょう。そして、
世界をCBの恐怖による世界統一に向かうのでしょうか。
なんか拳王さまを思い出した。

#02 ガンダムマイスター

  • 2007.10.18 Thursday
  • 22:33
「セイロンの内戦に参戦」

(物語)
戦争そのものに宣戦布告したソレスタルビーイング(celestial being)略CB。
今回の作戦は「スリランカの内戦に介入」すること。
で、最後は両陣営のMSを破壊してミッションコンプリート。
主人公刹那とライバル候補グラハムの初顔合わせあり。

(感想)
20世紀から続く内戦にいきなり参戦するのもどうかと思うが、
24世紀になってもまだケリついてないのかよ・・・って素直に思う。
そもそも少数民族の内戦に介入することが、戦争終結の第一歩っておかしくない?
圧倒的な戦力を持つ大国相手に喧嘩しなきゃ意味ないじゃん!
大気圏突入もあんなに間単にこなしてしまうなんて・・・GN粒子っていったい。
最終目標はCBに人類の恨みを集めて世界を一つになんて気もするが、
3大国が手を結んでもそれは「CB排除」という利潤が絡むわけで、
仮にテロリスト組織であるCBが処理できれば、またパワーゲームの世界に戻る
だけだと思うんですが・・・むしろ手柄争いで関係が今より悪化してそう。
なんかグダグダなオチが待ってそうな気がするのは気のせい?

#01 ソレスタルビーイング

  • 2007.10.16 Tuesday
  • 21:51
「ガンダムはやっぱトリコロールだ」

(物語)
西暦2307年。
太陽光発電と軌道EVを持つ3つのグループ(US中心のユニオン、
中国中心の人類革新連盟、EU中心のAEU)に分かれた人類は、
まだ戦争をしていた。そこへ「武力による戦争の根絶」を掲げる
私設武装組織ソレスタルビーイングが、ガンダム4機で宣戦布告する。

AEUの新型MS相手にガンダムエクシアが戦端を開く。
そして、長い矛盾した演説が全世界に向けソレスタルビーイングから
放送されます。

(感想)
思ったより高河ゆんの絵に違和感はなかった。
まあ、それより気になる点が多かったからかもしれないが・・・
で、人類はまだ西暦の中を世界を生きているようだ。
石油は無くなったが原子力には依存せず、太陽エネルギーという
古典的なものに活路を見出すあたりに違和感を感じる。
軌道EVという劇場版仮面ライダーカブトにも登場する微妙な塔は、
どうしても地震大国日本に住む者としてシンジラレナーイ!
圧倒的な力の差をガンダムが持つことも、大同小異の発明の世界からは
考えにくいものだし、戦争の目的が「戦争の終結」って禅問答かよ。
というわけで、じつに先の読めないアニメのスタートです。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

I love TIBET

TIBET02                1995年カイラス行くのに世話になったチベタンを応援します。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

mind touch
mind touch (JUGEMレビュー »)
栗林みな実,畑亜貴,虹音,菊田大介,齋藤真也,飯塚昌明,宅見将典,黒須克彦

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM